2006年08月03日

裸の王様とその仲間達

■王様のとりまき
輪島功一
「勝ちに値する戦いぶりだった」
畑山隆則(WBAスーパーフェザー・ライト級元王者)
「いい試合だった。(亀田興は)よくやった。世界戦なんだからこんなのは苦戦のうちに入らない。」
大橋秀行(WBC・WBAミニマム級元王者)
「体も鋼ならハートも鋼だった。今までに経験がない上に減量もきつく、十一回とかは限界を越えていたと思うが、ハートでよくやった。」
叶美香
「まばたきもできないすごい試合でした」
大黒摩季
「家族愛にジーンとしました」
哀川翔
「素晴らしい親子関係にすごく共感している」
T−BOLAN
「まずは夢の始まり。おめでとう。ここからが本当のスタートです。背中を見ているので頑張ってほしい」

■服を織る旅人
協栄ジム
TBS

■裸の王様に登場する子供
ガッツ石松 (苦笑)
「立ってればチャンプか」
あと具志堅用高さんも忘れてはいけませんが、それにしてもガッツ石松さんは、はまり役ですね。

・・・なんだか2CHぽい内容になってしまった。。


「勝ち組、負け組み」の試合
posted by NoiZ at 14:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

「勝ち組、負け組み」の試合

朝鮮問題に、靖国問題等、アジア諸国から色々言われる中で、「日本人として誇りを持とう」と日ごろ思っているのですが、そんな気構えが一気に冷めてしまうような出来事でした。

いつからこんな日本になった?
今までもこんな日本だった?
問題の多いTBSだから?
やってくれました。世間体ならぬ、「世界体」を考えると恥ずかしくて外に出られません。

福井日銀総裁の問題、企業体質の問題等、いつもいつも「だまし」が入っていて、うんざりするほどの虚脱感をおぼえてしまいます。
空を見上げ「お天道様は見ている」の気力しか残らないような感覚です。

リングを去っていく二人は「勝者」「敗者」ではなく、「勝ち組」「負け組み」として見えたのは僕だけでしょうか。
そして、敗者は「弱者」と重複して見えました。

追記
彼は大人たちが濁した判定で、余分な重荷を背負ってしまったわけですが、今後は口先だけではない部分を見せてもらいたいものです。
彼の表現でいう、この「落とし前」をきちんとつけるか拝見しましょう。
啖呵を切っておいて「ダメでした」では「落とし前」等の言葉を表現する世界ではどうなるのか、わかってますよね。

関連ソース
基準あいまい「地の利」ある/ボクシング
亀田興毅:判定に疑問符、「温室栽培」批判はね返せるか
亀田興毅:世界の厳しさ味わう…課題の残る試合
亀田王座も「汚点残した“地元判定”」 ジムの力? 人気低迷の悪夢、再現か
「え〜」「何で?」亀田の微妙判定でTBSに抗議殺到
posted by NoiZ at 12:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 事件・ニュース