2006年07月22日

「諫死論」は「欺瞞」だったのか?

そもそも戦後は靖国神社の「合祀基準」は天皇に裁可があったはず。いくら「宮司預」となっていたとしても、天皇の思いを聞かないわけにはいかない。
そして今回の宮内庁長官メモ
松平永芳(靖国神社宮司)達が昭和天皇の意向に反してA級戦犯の合祀を強行した。
この松平永芳というのは「諫死論」(たとえ主君でも考えが誤っていたら命がけで諌めよという教え)を受けてこの行動に出たのであろう。
と、いうような記事が本日(2006/07/21)の中日新聞に出ていた。

それが真実だとしたら、松平宮司がとった行動は「諫死論」どころか「欺瞞」としかうつりません。
天皇のことにはまったく触れず第三者のような言い分を合祀に関して展開しています。
「靖國」奉仕十四年の無念
天皇の真意を国民に語らずしてA級戦犯の合祀を強行した松平宮司は「命をかけて間違いを改めるよう忠告できない卑怯者」であり「独裁者」ですね。
早い話、都合の悪いことを伏せた松平宮司の「綺麗な言い訳」に国民は欺かれたということです。

とにかく、宮内庁長官メモが真実のものだとすれば、松平宮司の「身勝手な思想」(オウム真理教と同じだ)によるものが多大にあったわけですが、それはそれとして、政治利用とかの次元ではない「A級戦犯分祀」を今一度考えるべきだと思います。

それにしても、中国共産党部長がA級戦犯分祀論に期待というのもなんだか癪にさわりますが。。

関連ソース
余録:昭和天皇のお歌に…
昭和天皇、A級戦犯合祀に不快感 当時の宮内庁長官メモ
松平永芳「靖国神社」

7月24日追加
A級戦犯合祀は自らやめるべきである
posted by NoiZ at 03:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件・ニュース
この記事へのコメント
再びのコメント失礼します。
NoiZ様の仰る事も解らないではありません。

しかし、釈放に関する衆議院決議(共産、社会を含む全会一致)から、援護法改正の流れも勘案された方がバランスが良いように思います。
さらに関係国の承諾を得ての拘禁者釈放、公職復帰、授勲。
この流れの中でも頑にA級合祀を見送る事は、靖国神社が民主的手続きと対峙する事になります。

尚、衆議院を含む国会が天皇の名の元の召集である事は、御存知の通りです。

従って衆議院決議、授勲など国事行為を通して天皇陛下が示された御意志は、むしろA級合祀を誘引する方向性を持っていたとも言えるのではないでしょうか。

私は天皇陛下御自身を崇拝するよりも、国家の一機関として尊重してさしあげる方が民主国家の原則に抵触する可能性も低いと思います。言い換えれば陛下の個人的人物評メモではなく、国事行為を通した公式の意思発露を「大御心」と捉えるべきであろうと思います。

蒙昧な私見です、御笑覧下さい。
Posted by 菱海 at 2006年07月22日 11:57
菱海様
整然たるご意見うれしい限りです。ありがとうございます。

この件では20代のころより興味本位で色々見聞きしておりますが、正直なところ未だに自分の中で答えを完結できずにおります。
政治等あらゆるところとリンクしており、また新たな事実が出てきたりと非常に難しい問題ですね。
ですので、今回愚直すぎはしないかと思いながら書いていました。

昨日、「進駐軍に細菌攻撃検討か」という記事を読みました。
「勝つためには何をやってもいい」から「苦しませるためには何をやってもいい」に変化してしまう戦争の怖さを感じますし、これが実行されていた場合、「この責任は誰に?」とやはり今でも思います。

そして、「通知表で愛国心の評価」も教育や議論もせずに評価基準などありません。
かねてから政治や戦争に関して、そして日本についてもっと議論しなければいけない。と思っています。
自分自身勉強にもなりますし、議論することが後世への引継ぎだと思えるからです。
そこでのご意見。ありがたくいただきまして、見聞を深めていきたいと思いました。


関連ソース
進駐軍に細菌攻撃検討か
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060722/mng_____sya_____006.shtml
通知表に「愛国心」項目 東広島
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200606160104.html
「愛国心」埼玉の50校通知表に 教師「評価できぬ」(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/0601/senkyo22/msg/453.html
通知表の「愛国心」評価、削除へ さいたま市の6校
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200606120391.html
Posted by NoiZ at 2006年07月23日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6401617
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック