2006年07月24日

株式会社 ハウンドドッグ?!

まるで大友康平は「株式会社ハウンドドッグ」の役員だ。
僕等は「ロックバンド ハウンドドッグ」を聞いていたのであり、「話し合いは常に弁護士」とするような会社体質のハウンドドッグを聞いていたわけではない。
ハウンドドッグ解雇メンバー、大友ライブに自腹“乱入”

そもそも「バンド」というのは誰のもの?って疑問がいつもある。
「商標登録している人のもの」とかの法律分野での疑問ではなく、メンバーが変わったバンドに「違和感」を持つか持たないかの感覚的疑問だ。
例えば、「TOTO」はボーカルを変えてもTOTOは「TOTO」であった。(というかボーカルオーディションで決めていた)
「BOSTON」はトム・ショルツのものであるということは有名だし、Doobie Brothersにしてもボーカルを含めたメンバーが次々変わっても違和感がなかった。
Beach Boysは作詞・作曲ボーカルのブライアンがいなくて違和感ありだったけど、でもやはりBeach Boysだ。

ようするに、新曲を出してそれをヒットさせれば、ファンは納得せざるえない。
つまり、新しい曲がヒットするということは、「進化」という図式に思えるので納得できるのかな。
「俺の“命”であるハウンドドッグを守るため」に、ひとりになった。というのは大変「綺麗な言葉」ですが、口先だけでは違和感ありです。
いずれにせよ、昔の曲にしがみついているようじゃ、まだまだですね。 大友康平さん。
posted by NoiZ at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6401618
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック